配偶者ビザが不交付になった!

配偶者ビザが不交付になってお先真っ暗です。中国人の彼の配偶者ビザが不許可になりました。

外国人が日本に入国するためには、まず旅券と査証が必要です。入国の後、日本でなんらかの活動をする時に必要になるものが、在留資格になります。その在留資格は種類によって外交・特定活動・短期滞在・永住者等々細かく決められていて、旅券あるいは外国人登録証に記載してあります。

配偶者ビザは、やっぱり年収が大切みたいで、私の年収は200万円代なので・・・

中身をおおまかに分けると、一定の就労ができるもの、就労は原則できないもの、原則なんでも就労できるもの、その他(インターンシップ生、ワーキングホリデー等)になります。もちろん取得するための条件や難易度も違います。

これらのどれかに認定されれば、在留資格認定証明書が出されるわけです。査証(ビザ)は外務省発行ですが、在留資格は入国管理局(法務省)が発行します。

配偶者ビザ
の取得に失敗したのでプロにお願いするしかないです。