ブランド物は守られている

ブランド物の名前やロゴマークは守られていますが、それは単に有名だからというわけではありません。多くのそれは特許権を取得していると思われます。ですので、類似品や偽物を作って販売するだけで捕まってしまうのです。

もしも将来、世界的にも有名になるであろうものを創りだそうとしているのなら、スプリング国際特許事務所で相談をしてください。

国際特許というのは仮想上のものとも言われていますが、その国で特許を取得してしまえばいいだけのことです。でも他国でそれが使われても権利を主張することが可能ですし、権利を侵害される可能性もありません。それが有名になればなるほど権利主張ができますし、あとから出てきたモノに対し、名前を使わないようにクレームを付けることだって可能なのです。その会社が作り上げたものとして勘違いされてしまいますし、それが間違ったものとなった時にはクレームを付けるのは当然のことです。

あなたが創りだしたものに対し、酷似しており、そのブランドにも友好的に働くとすればスポンサー契約も可能かと思いますが、そうじゃない場合には権利を主張し名前を使わないように忠告すべきといえるのです。スポンサー契約をすることで事業も発展するのならいいですが、侵害されることがあれば契約破棄をすればいいのです。